クラウド&データセンターサービス

ワンパッケージでBoxの統制を強化! Box Keeper

BoxKeeper

延べ100社を超えるお客様から寄せられたニーズを厳選してパッケージ化
「日本企業に求められるニーズ」への解決策の決定版!

米国発クラウドサービスであるBoxには、 和風な企業が持つ独自のポリシーやニーズを満たすには少し手が届かない、そんな側面があります。 丸紅ITソリューションズは、お客様のBox導入をご支援する過程でBoxの弱点を強化するための試行錯誤を重ねてきました。 「Boxのウィルス対策」「ユーザーの統制」「セキュアな管理」等、多くの日本企業からお困りの声を聞いてきました。 試行錯誤のもとに培った豊富な知見と確かなノウハウを、このパッケージに凝縮しました。 Box Keeperはお客様をBox運用の煩雑さから解放します。

統制運用を実現しBoxを日本企業の厳格なポリシーを満たすクラウドサービスへ

共有ホワイトリストとブラックリスト

共有ホワイトリストとブラックリスト

共有の定期リセット(アクセス権棚卸し)

共有の定期リセット(アクセス権棚卸し)

共同所有者への招待通知

共同所有者への招待通知

ウィルスファイルの活動抑制

ウィルスファイルの活動抑制

パス表示スイッチの自動設定

パス表示スイッチの自動設定

共有リンクパスワード必須化

共有リンクパスワード必須化

ユーザー名の変更抑止

ユーザー名の変更抑止

e Discovery 対応のリンク削除

e Discovery 対応のリンク削除

管理フォルダのプロテクト

管理フォルダのプロテクト

・組織フォルダが無くなったと思ったら名前を変えられていた …
・個人フォルダのアクセス権を削除してしまった!
・勝手にユーザー名を変える社員がいて困る …
・ウィルスを検知しても放置されてたら危険!
・外部ユーザーに高権限を与えたくない
・許可しない相手と共有させたくない
・招待不可のフォルダ配下に招待済みフォルダを移動できてしまう!?
・不要な共有を手作業で解除するのは面倒だ …
・リンクを一律削除すると e Discovery のトレースが大変
・プロジェクトフォルダにいつのまにか人が招待されていた
・共有リンクのパスワードを必須にしたい

主な機能

               
CSV Sync ヘルパ機能 • 管理フォルダ名の維持 *1
• 管理フォルダ説明の維持 *1
• 管理フォルダの招待維持 *1
• 管理対象ユーザーの名前維持 *1
 *1 変更されても一定時間後に自動復元します    
ライトガバナンス機能 • ウィルスを検知すると拡張子を変更しリスクを軽減
• 外部ユーザーを共同所有者にさせない
• 外部招待のブラックリスト/ホワイトリスト *2
• 外部からの招待のブラックリスト/ホワイトリスト *2
• 特定フォルダ配下への移動時に招待を一括クリア
• 一定間隔で招待を自動クリア(=自動棚卸機能)
• 一定間隔で共有リンクの公開を制限(e Discovery 対応)
• 特定フォルダのパスを表示するスイッチを自動設定
• すべての共同所有者に招待を通知
• パスワードなしの共有リンクの公開範囲を制限
 *2 ホワイトリスト/ブラックリストはドメイン指定

動作環境

・Windows Server 2012 / Windows Server 2012 R2 / Windows Server 2016
・.NET Framework 4.5.2
・SQL Server Express 2016(CSV Sync ヘルパ機能利用時)
・Box テナントで未公開アプリの使用許可を設定する必要があります。Box Keeper 公開時は改めて使用許可いただきます。
・CSV Sync ヘルパ機能のご利用には、別途CSV Sync for Boxをご購入いただく必要があります。
・Box Keeper は Box の API を使用しております。Boxライセンス毎に月々APIコールできる回数に上限があります。
 Starter:25,000コール/月、Business:50,000コール/月、Enterprise:100,000コール/月

Box Keeperのお問い合わせ

Box Keeperについてのご相談・ご質問はお気軽にご連絡ください。
その他Boxが用意しているAPI活用により様々なご要望に対応可能です。

お電話でのお問い合わせ:TEL 03-4512-3333

Webからのお問い合わせはこちら