ITコンサルティング

ITコンサルティング・RFP作成支援 超上流サービス

超上流 リーフレット・詳細資料のダウンロード

サービス概要

超上流システム導入・構築プロジェクトにおいて、最も重要な超上流工程(現状業務分析や要求定義)を支援します。その結果として、RFP(提案依頼書)策定やベンダー選定・パッケージ選定サービスも提供します。

  1. 現場の声をダイレクトに可視化。現場業務に詳しい方にこそ判りやすいサービスです。

    「システムは業務を下支えするもの」と捉え、業務フロー(と課題)の可視化に注力します。 ホワイトボードを使い、ヒアリングセッションの場でダイレクトに可視化を進めます。 ヒアリングセッションは、システム利用者となる各現業部門(営業部門や購買部門、経理部門など)ごとに個々に実施します。 対象部門は、業務の近似性なども考慮しながら、お客様と予め設定いたします。 また、業務フローの裏付けとして既存システム(EUC含む ※1 )分析も行います。
    ※1 EndUser Computingの略。excel台帳やexcelマクロやAccessVBAなどで作られた基幹システム外の業務運用上必須のシステム

  2. 業務フロー図などの資料作成は当社が行います。

    システム利用者となる現業部門(営業部門や購買部門、経理部門など)のご担当者は 原則(※2)手ぶらでヒアリングセッションに参加いただきます。 事務局(※3)はヒアリング対象者の選出、セッションの日程調整が主な仕事になります。 超上流工程の中盤からは、可視化された業務フローや課題をベースに、お客様プロジェクトメンバー全員で、 新業務システムの有るべき姿を、検討・議論し、合意する事に注力いただきます。
    ※2 必要に応じ、実際に使っているexcel台帳や手書きの管理帳票を持ちこんでいただくと便利です。
    ※3 事務局は、IT部門、経営管理部門などのご担当者で構成される場合が多いです。

  3. 超上流プロセス、作成物への納得感が違います。

    当社が初めて関わる、 ほぼ全てのお客様で業務フロー図や既存システム機能一覧など、現状に関するドキュメントが存在しません。 そのようなお客様にも、弊社の丁寧な業務可視化プロセス、具体的な作成物サンプル(および量)を予め明示させていただくことで、 安心して当社の超上流サービスを採用いただいています。

システム開発における超上流工程の重要性

ITコンサルティング・RFP作成支援 超上流サービスのお問い合わせ

ITコンサルティング・RFP作成支援 超上流サービスについてのご相談・ご質問はお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ:TEL 03-6658-1472

Webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

サービスについてのご相談・ご質問はお気軽にご連絡ください

TEL:03-6658-1472

Webからのお問い合わせ

メニュー

お客様事例

  • ヤシマキザイ様 超上流利用事例

    株式会社ヤシマキザイ様

    事例の詳細はこちら

  • ぴあ様 超上流利用事例

    ぴあ株式会社様(PDF)

    事例の詳細はこちら