業務システム

安全保障貿易管理 M・安貿【特長】

安全保障貿易に対応した輸出業務を行う担当者を支援する承認ワークフロー・テンプレートです。
該非判定作業、および社内での承認作業、経済産業省へのE/L申請業務を強力にサポートします。

スマホ・タブレットPCでの承認に対応

「出張等、承認者の不在時に手続きが止まってしまう!」 このような時、スマートフォンやタブレットからPC版と同一のURLにアクセスすることでモバイル用の画面を表示し、申請書の承認ができます。 添付ファイルはモバイル端末で再生可能なファイル形式であれば照会可能です。

安全保障貿易における標準機能をテンプレート化

本製品では、安全保障貿易における標準的な入力項目やチェック機能をテンプレート化しています。 一般的な安全保障貿易業務に必要な項目がそろっていますので、即座に業務に適用することが可能です。

輸出取引審査においては、リスト規制・キャッチオール規制両方の観点から確認を行い、輸出者の責任として許可申請の要否を判定しなければなりません。 その中では、以下のような各種の判断項目を正確にチェックする必要があります。

  • 輸出令別表第1/外為令別表の1~15項に該当する?
  • 特例は適用できる?
  • インフォーム要件に該当する?
  • 用途要件に該当する?
  • 需要者要件に該当する?

輸出取引審査における標準的なチェックプロセスが実装されており、質問に答えていくことで該当・非該当を導き出すことができます。

判定に使用したドキュメントは、各申請書に登録することが可能です。 登録したドキュメントは申請書に添付されますので、一括で承認者に回付されます。

項番の検索支援

本製品では、輸出統計品目番号(HSコード)や、輸出令・外為令、貨物等省令の条文を検索可能としています。
また、輸出品目及びその判定実績は蓄積され、HSコードや品目名等からその過去実績を参照可能です。
これにより、輸出品目の政省令項番検索効率を大幅に向上させ、該非判定作業を強力に支援します。

この検索では、法令上の品目名や一般的な品目名の登録が可能で、それらによって検索することもできます。 これらはユーザーが編集可能で、新語や通称など、特有の言葉の変化にも即座に対応できます。

ワークフローエンジンが、申請→承認・差し戻し等の申請フローをサポート

本製品はワークフローエンジンを備え、各企業ごとの承認フロー定義が設定レベルで可能です。

設定可能なアクションは、承認、差し戻し、却下、申請取消、代理承認、転送など、承認フローにて通常必要なあらゆる動作を含みます。 また、メールでの承認依頼や申請者への通知、督促メール送信などもサポートします。

主な申請機能 代理申請 代理申請が行える。※履歴には「代理」と表記
代筆申請 代筆申請が行える。 
取り戻し 申請書の取り戻しが可能 
メール通知 承認依頼・承認結果通知メールの送付の要否を設定可能(メール内に申請書へのリンクが付きます。)
メール通知の種類 承認依頼 通知申請時に、承認者へ送られる。
移動通知 承認者が承認時に、承認された事を申請者または過去承認者へ送られる。 
結果通知 申請書が最終承認された場合、申請者または承認者へ送られる。
差戻通知 申請書が差し戻された場合、差し戻されたユーザへ送られる。
督促通知 決められた期間内に承認が行われていない場合、承認者へ送られる。
承認者の追加・削除 ルート設定している承認者以外の人物に承認が必要な場合など、動的な承認者の追加・変更が可能
申請履歴 自分が申請(承認)した申請書の現在の状況を簡単に確認 
過去の申請書(承認)を閲覧することが出来、画面にて条件を指定することで情報を検索可能 
管理者は、起票段階から全ての内容を閲覧可能
申請履歴 代理承認 代理で承認が行える。※履歴には「代理」と表記 
代筆承認 代筆で承認が行える。 
転送 他の承認者へ承認権限を委譲 
取消し 承認の取消し 
差戻し 差戻し(差戻し先を指定できます) 
否認 否認(申請者に戻します) 
申請書履歴 申請書毎に、申請・承認行為の履歴を確認することが可能
承認(否認・差戻し) コメント入力 
差戻し先の指定が可能 
承認者の追加削除が可能 
承認ルートの確認が可能

申請書の履歴やステータスを管理、一覧表示や検索が簡単に

申請・承認の履歴(いつ、誰が申請・承認を行ったか)を管理しており、それをビジュアル的に確認することが出来ます。

また、申請書の一覧にて申請書の内容にて検索する機能を備えており、過去の該非判定結果や取引審査結果の検索・参照が容易に行えます。

E/L申請に必要となる帳票の自動作成

E/L申請には経済産業省指定のフォーマットでの申請書の提出が必要です。入力されたデータから、所定のフォーマットでのExcel帳票を自動作成することが可能です。既存の入力データを活用、かつ二重入力による誤入力を防止し、E/L申請書作成作業を効率化します。

基幹システムとの連携

丸紅ITソリューションズの提供するSAP ERP(商社貿易テンプレートM-ONE TRADE)と連携させれば、基幹システムに組み込まれた安全保障貿易管理を実現することができます。 輸出許可に連動した出荷制御や基幹システムのマスタを取り込んでの入力補助機能など、さらに業務の一貫性・効率性を高めた基幹システム運用を実現します。

※ 商社貿易業務テンプレート M-ONE TRADEは世界トップシェアを誇るSAPのグローバルトレードマネジメントを商社貿易業務ソリューションとして提供いたします。
商社貿易テンプレート

上記以外の運用中の基幹システムに関しても、柔軟に対応します。

記載されている社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。

安全保障貿易管理 M・安貿のお問い合わせ

安全保障貿易管理 M・安貿についてのご相談・ご質問はお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ:TEL 03-6658-1270

Webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

サービスについてのご相談・ご質問はお気軽にご連絡ください

TEL:03-6658-1270

Webからのお問い合わせ

メニュー

お客様事例

  • SHOWA DENKO

    昭和電工株式会社様

    事例の詳細はこちら

  • 国立研究開発法人
    日本原子力研究開発機構様(PDF)

    事例の詳細はこちら