セキュリティ

次世代メールセキュリティソリューション 「Proofpoint」

次世代メールセキュリティソリューション 「Proofpoint」

Prooftpoint標的型攻撃、クレンデンシャル(認証情報)フィッシング、ランサムウェアといった最新の脅威の大半はメールが起因となっており、また、ビジネスメール詐欺(BEC)による被害も深刻化しています。従来の迷惑メール対策ソフトやウィルス対策ソフトではこういった最新の脅威を防ぐことは困難であり、脅威が社内に到達する前にブロックする入口対策を追加するなど、多層防御が必要です。レピュテーションや機械学習、クラウドサンドボックスなどの最先端技術で、最新の脅威も検出する次世代メールセキュリティゲートウェイ(入口対策) 「Proofpoint」 をご紹介します。

製品概要

Proofpointは、メールが起因となる脅威から企業の重要情報を守るためのメールセキュリティゲートウェイです。最大1社あたり最大10億通/日の脅威メッセージ、1億以上のランサムウェアから顧客を保護します※1。Proofpointは、業界最大規模のITアドバイザリリサーチ企業によるメールゲートウェイ分野のベンダー評価において2008年以降連続でリーダーに位置付けられており、信頼性の高いメールセキュリティ対策を実現します。 進化を続ける脅威に対しては、「社内ネットワークに到達する前にブロックする」 「攻撃への直面を軽減する」 「状況が悪化する前にレスポンス(対処)を行う」 のが有効なアプローチとなります。Proofpointは、これらのアプローチを可能にします。 クラウド型ゲートウェイであるため、メールサーバがオンプレミス環境であってもクラウド型サービスであってもご利用いただけます。お客様ごとの占有型クラウド環境であるため、Proofpointをご利用の他のお客様によるパフォーマンス低下の影響を最小限に防ぎ、お客様独自の設定で運用することができます。
※1…2016年のProofpointの実績(一部)

検出

ProofpointのEmail Protectionモジュールは、既知のスパムやウィルスを検出します。世界中のアナリストによるリアルタイムの攻撃パターン解析とダイナミックレピュテーションによって、進化する攻撃に対して効果的な防御が可能です。 また、Targeted Attack Protection(TAP)モジュールは、クラウド型サンドボックスでメールを実行・検証することで脅威を検出します。これにより、未知の攻撃やカスタマイズされた攻撃も検出することが可能です。加えて、添付ファイルやメールテキストに記載されたURLはサンドボックスに送信され、解析されます。マルウェアやフィッシングサイトなどの悪意のあるコンテンツを検出した場合、ユーザがアクセスできないようブロックします。メール内のアクセス先を定期的にチェックするため、配送時には問題の無かったURLが後で脅威のあるサイトに変化した場合にも、脅威の検出および遮断が可能です。

既知のスパムやウィルスを検出します。世界中のアナリストによるリアルタイムの攻撃パターン解析とダイナミックレピュテーションによって、進化する攻撃に対して効果的な防御が可能です。 検出

Email Protectionモジュールは、優れたブロック機能で高性能なスパムやウィルス、フィッシング等の脅威から保護するだけでなく、ビジネスメール詐欺(BEC)からも保護いたします。 また、Targeted Attack Protection(TAP)モジュールは、クラウドに設置されたサンドボックスでURLや添付ファイルなどを実行・検証することで、定義ファイルベースの検出をすりぬける標的型攻撃や未知の脅威からも保護します。サンドボックスで解析された結果は定義ファイルに反映されるため、ブロック力を継続的に向上させます。

Targeted Attack Protection(TAP)モジュールは、インシデント対応もサポートします。いつ、どのユーザが、何に攻撃されたかを視覚的に表示することで、セキュリティ担当者はインシデントの緊急度と重要度の分析を迅速に行うことが可能となり、被害の拡大防止と根本的な対策を実施することができます。

記載されている社名、製品名、サービス名、ロゴ等は各社の商標または登録商標です。

次世代メールセキュリティゲートウェイ proofpoint のお問い合わせ

次世代メールセキュリティゲートウェイ proofpoint についてのご相談・ご質問はお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ:TEL 03-3662-8222

Webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

サービスについてのご相談・ご質問はお気軽にご連絡ください

TEL:03-3662-8222

Webからのお問い合わせ

メニュー