ITコンサルティング

コンサルティング 実績・事例

超上流 リーフレット・詳細資料のダウンロード

大手サービス業A社の事例

プロジェクト最終報告会で、A社メンバーから超上流作業について出された意見・感想です。

ITマスタープラン策定、要求定義-RFP作成のプロジェクトが日程計画通りに終了できたことに驚いている。この手のプロジェクトでは、不確定な要素もあってなかなか計画通りに進まないのが今までの経験としてあったので、日程計画通りに進んだことが 素晴らしかった。

このフェーズを行う事で良かったことは、

  1. 現状のシステム全体像が可視化でき、どのようなサブシステムがあり、その連携がどのようになっているかが分かったこと。自分達が使っているシステムなのに、いろいろなシステムが複雑に絡んでいるのでなかなか全体を理解するものが無かった。
  2. 業務の可視化では、このような処理をしているのかと改めて属人的な処理をしている実態が分かった。
  3. データ分析では、多くのサブシステムとの連携の中で複雑なデータの流れがあることやSETされるデータ項目も可視化できた。
  4. 新システムの全体モデルが共有できたことで、関係者のシステムイメージが共有できたことがとても大きな効果だと思う。
  5. 要求定義により明確なRFPが提示できたことでベンダーの提案レベルが統一できたことが大きな効果だと思う。

現状の徹底的な可視化とTo-Beの共有」が最大の効果

適用サービス ITマスタープラン作成、要求定義、システム構成作成

輸出入商社B社の事例

プロジェクト終了後、B社メンバーから超上流作業について出された意見・感想です。

今のシステムは部門毎に別々のシステムで業務を運用していてとにかく問題が多かった。システムの統合のために新システムをどう作っていくべきか考えていた中で、この超上流サービスを採用した。最も良かったことは、

  1. 新業務モデルとして新業務フローを作成したことで、新システム導入時の運用方法が明確になると共に、処理の基準や承認タイミングなどが明確になり、業務監査の際に指摘事項に対して、このように改善するという具体案を説明できたこと。
  2. 業務の可視化で、いかにマニュアル処理としEXCELを駆使して業務行っていたか、部門毎の独自の運用がされていて、標準化ができていなかったかが良くわかった。
  3. 部門毎の営業システムと会計システムが疎結合になっているために、多大なチェック業務が明らかになり、システム統合する方針は間違ってなかったことが分かった。

「現状業務が非効率・部門属人的」である事実が整理でき、「目的達成のための新業務モデルが明確に策定できた」ことが最大の効果

適用サービス、要求定義、システム構成作成

ITコンサルティング・RFP作成支援 超上流サービスのお問い合わせ

ITコンサルティング・RFP作成支援 超上流サービスについてのご相談・ご質問はお気軽にご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ:TEL 03-4512-3267

Webからのお問い合わせはこちら

お問い合わせ

サービスについてのご相談・ご質問はお気軽にご連絡ください

TEL:03-4512-3267

Webからのお問い合わせ

メニュー

お客様事例

  • ヤシマキザイ様 超上流利用事例

    株式会社ヤシマキザイ様

    事例の詳細はこちら

  • ぴあ様 超上流利用事例

    ぴあ株式会社様(PDF)

    事例の詳細はこちら